インプラントのリスク

インプラントのリスクについて

インプラントはリスクがある?

どのような治療もそうですが、インプラント治療にもリスクがあります。外科手術が伴うだけに、入れ歯やブリッジと比べてもその差は小さくないといえるでしょう。

手術のときのリスク

インプラントの手術は、基本的に歯肉を切開して、インプラント体を埋入する部位の顎骨に穿孔していきます。このときの一番のリスクとしては、神経や血管を傷つけてしまうことが挙げられます。下顎では「下顎管(かがくかん)」という神経や血管が通る管がありますので、これを避けることが重要です。血管を傷つければ大きな出血となりますし、神経を傷つければ神経麻痺などが起こります。上顎の場合には奥歯の丈夫に「上顎洞(じょうがくどう)」という空間がありますので、ここにインプラント体が突き抜けてしまうリスクがあります。そうなると、炎症を起こしインプラントを抜かなければならないこともあります。外科手術に関して、医師の腕の良さがかかわってきますので、医師の実績を確認しておくことも大切になります。

手術後のリスク

インプラントでは虫歯になることはありません。しかし、天然歯の歯周病と同じ症状が出る「インプラント周囲炎」になるリスクがあります。インプラント周囲炎は、天然歯の歯周病よりも進行が早いといわれています。天然歯の場合には歯根に血管や神経があり、生体防御が働きますが、インプラントの場合には生体防御機能がありません。その分、歯周病菌の増殖は早く、意識しないうちにインプラント周囲炎が進行してしまうのです。治療が遅れてしまえば、インプラント体周囲の骨が吸収されてしまい、抜け落ちることがあります。日頃の口腔内を清潔に保つことはもちろん、定期的な受診が必要となるでしょう。

リスクを低くするためにも歯科選びは大切!

インプラントのリスクを低くするために一番重要なことは歯科医院選びです。手術のときのリスクは、精密な検査や経験、技術によって低くできるのです。例えば、現在では多くの歯科医院がおこなっている歯科用CTでの撮影。撮影データを3D化することで、神経や血管の位置が詳細にわかり、リスクを低減することができます。また、そのデータを使用して、埋入部位を正確に特定する「サージカルガイド」を作成、歯肉を切開することなしに埋入する「フラップレス手術」もおこなわれています。また、手術後のメンテナンスを重要視することでインプラント周囲炎も予防できます。このような検査機器が揃っていて、インプラント治療の知識と経験がある歯科医院を選ぶことで、リスクは低減できるのです。

インプラント治療は
複数の歯科に相談して決めよう
               

群馬でインプラント治療対応
相談しやすいクリニック4選

※インプラント治療の費用と期間について
インプラント治療の平均的な費用は1本当たり30~40万円代、治療にかかる期間は平均7ヶ月~13ヶ月といわれています。費用・期間ともに、個人の口腔内の状態や、クリニックの体制によって異なるので、詳しく知りたい方は直接問い合わせてみることをおすすめします。

※副作用について
インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や、金属部品による金属アレルギーが発症することも考えられます。 また、持病をお持ちの方は、インプラント治療を受けることによって合併症などを惹き起こす可能性があります。不安や懸念点がある方、詳しく知りたい方はクリニックへご相談ください。